コミュ障を克服するためのブログ|コミュ障.com

コミュ障でも話題を広げる5つの会話ネタ

オススメ記事

コミュ障でも話題を広げる5つの会話ネタ

「何を話せばいいのか分からない」「話題が続かない・・・」

ここでは、そんな悩みを抱えたコミュ障のために、「コミュ障でも話題を広げる5つの会話ネタ」を紹介します。

コミュ障の話題の特徴

コミュ障の話題の特徴

まずはじめに、コミュ障の「話題が続かない原因」を見ていきましょう。コミュ障の方は、以下のような言葉をよく使う傾向にあります。

  • そうですね・・・
  • へぇ~
  • わかる
  • どっちでもいいよ
  • それでいいよ
  • どれにしようかな
  • どうしよう
  • まだ決めてない
  • まかせる
  • それな
  • あっ・・・
  • えっ・・・と
  • たぶん
  • おっ・・・おう
  • まじか
  • う~んと
  • なんか

コミュ障の方は「何を話せばいいのか混乱」してしまったあげく、ついこのような言葉を多用してしまいます。その脳裏には以下のような心理があります。

柊二@黒幕5%さんの描かれたコミュ障の「脳内図」がまさに当てはまるので、ご紹介させていただきます。(柊二@黒幕5%さん、掲載の許可ありがとうございます。)

コミュ障の脳裏

出典:柊二@黒幕5%さんのツイートより

周囲からは「人の話聞いて無かったの?」「興味ないのかな?」と誤解されがちですが、実は考えすぎるあまり、こうした結果に終わってしまうんです。

もしあなたが、この特徴に少しでも当てはまっていたら、これから紹介する「コミュ障でも話題を広げる5つの会話ネタ」をお読みください。

コミュ障でも話題を広げる5つの会話ネタ

それでは、「コミュ障でも話題を広げる5つの会話ネタ」を紹介します。話が続かなくて悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

無難な話題をする

無難な話題をする

コミュ障は、どの話題をするのが最適なのかを迷ってしまうあまり、つまらない返答になってしまいます。また度々、話題を振ると誤って “地雷” を踏んでしまうこともあるでしょう。

もし相手が初対面であれば、「無難な話題」をしましょう。まだ相手のことをよく知らないうちに「家族のこと」「恋人のこと」などプライベートな話題を追求するのは避けるべきです。

当たり障りない無難な話題とは「天気」や「ニュース」といった時事ネタなどです。無難な話題を作るときには「きどにたてかけし衣食住」が役に立ちます。これで親しくない相手とでも楽しく会話をすることができます。

き(季節、気候) 「いい天気ですね」「暖かくなりましたね」など季節や気候の話題。
ど(道楽) 道楽=趣味のこと。趣味や好きな話を振られると人は話したくなるものです。
に(ニュース) テレビや新聞のニュース、ネットで話題になっている芸能ネタなどもよいでしょう。
た(旅) 旅行から帰ってきた人にはぜひ「旅行楽しかった?」と尋ねてみてください。
て(テレビ) ドラマや映画などテレビをよく見る相手には、ぜひこの話題で。
か(家庭) もし相手も同じ境遇(結婚している、子供が生まれたなど)なら、おすすめの話題です。※人によってはプライベートな話をしたくない人もいるので要注意です。
け(健康) 美容・健康にまつわる話は、女性や健康を気にする年配の方には効果的な話題です。
し(仕事) どんな仕事&アルバイトをしているかといった話題は、初対面ではよくする話です。
衣(衣服) ファッションに興味がない人でも相手が身に付けているものを「カッコいいですね、どこで買ったんですか?」など褒めたりするとGOODです♪
食(食べ物) 料理やお店などグルメの話題。レストランやカフェ、ラーメンやスイーツなどは幅広く万人うけする話題です。
住(住居) 初対面の人とは、よくある話題です。地元が一緒、家が近いなどの共通点があれば、さらに盛り上がるでしょう。

相手に喋らせる

相手に喋らせる

コミュ障の方は「何か話さなければ」と焦ってしまい、結局無言・・・という気まずい空気になります。話すのが苦手であれば無理に話す必要はなく、相手に喋らせることが大切です。

そのためには「質問力」を磨きましょう。相手が答えやすい、具体的な質問をすることがポイントとなります。

自分「沖縄行ったことありますか?」

相手「いや・・・ない。」

このように「YES」「NO」で答えれる質問だと、会話が終了してしまいます。相手に喋らせるには、具体的な質問をしましょう。例えば・・・、

自分「旅行するのにおすすめなところってありますか?」

相手「沖縄とかいいよ!海がきれいだし!」

と質問することで、話題が続きやすくなります。質問する時には、相手が答えやすいことを意識しましょう。

自分の人となりを話す

自分の人となりを話す

赤の他人に、いきなり住所や電話番号などプライベートな情報を教える人はいないでしょう。まずは自分から「自分はどういう人間なのか」素性を教えることで、相手も心を許し、緊張がほどけてスムーズな会話につながるでしょう。

相手に共感する

相手に共感する

雑談が苦手なコミュ障でも、自分の好きな話題であれば積極的に話せるでしょう。相手と共通の話題を見つけ、共感することで話を盛り上げることができます。

共通点が見つからない場合は、相手の好きな話題を見つけて「すごいですね!」「わかる!それ面白いですよね!」など、あいづちやリアクションをとって相手に共感することで、円滑なコミュニケーションが築けます。

会話術をマスターする

会話術をマスターする

コミュ障で話題がふくらまない、と悩んでいる人は「会話術」をマスターしましょう。そのためには、コミュニケーションの通信講座や話し方教室、コーチングセミナーに参加してみるのも良いかもしれません。

また、ラジオやテレビを観たり、本を読んでプロのパーソナリティの会話テクニックを盗むのもおすすめです。

宿題「1日1つ話題を見つけましょう」

宿題「1日1つ話題を見つけましょう」

ここまでお読みいただき、ありがとうございます。最後にあなたに宿題を出します。

宿題 「1日1つ話題を見つけて、誰かに話しましょう。」

LINEニュースやはてなブックマーク、Facebookやtwitterなどをチェックして、興味のある話題を見つけてください。

そして、家族や友達、職場の同僚など、身近にいる相手に話してください。話す相手がいないと言う場合は、SNSでつぶやいても構いません。

会話力を身に付けるためには、インプットしたことをアウトプットすることが大切です。頭で考えているだけではコミュ力は付きませんので、この宿題を必ず実行してください。それでは早速、今日は話題を探して明日誰かに話しかけてみましょう。

まとめ

ここでは、「コミュ障でも話題を広げる5つの会話ネタ」を紹介しました。

「何を話していいのか分からない・・・」「話題がなくて困っている」と言う方は、ここで紹介した5つの会話作りのネタを参考にしてみてください。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

【あわせて読んで欲しい記事】
コミュ障を改善する27のテクニック
コミュ障を克服!今日からできる9つの行動
コミュ障におすすめの仕事【コミュ力不要&正社員あり】

  • NHKに出演!金井式あがり症教材

この記事が役に立ったらブックマークお願いします!

お役立ち情報をお届けします!

関連記事

カテゴリー

人気の記事

新着の記事