コミュ障を克服するためのブログ|コミュ障.com

コミュニケーション能力がない人の特徴や原因まとめ

オススメ記事

コミュニケーション能力がない人の特徴や原因まとめ

昨今、コミュニケーション能力がない人が増えていると言われています。

「人との会話がままならない」「相手にイヤな顔をされる」のはコミュニケーション能力の低下が原因かもしれません。

そこで今回は、「コミュニケーション能力がない人の特徴や原因」「コミュ力を向上させる方法」などをご紹介します。是非あなたやあなたの周りにいる人が当てはまるか確認しながら最後までお読みください。

目次

  1. コミュニケーション能力がない人の15の特徴
    1. プライドが高い
    2. 自分の意見を押し通す
    3. 空気が読めない
    4. 話し方・聞き方が下手
    5. 他人に興味がない
    6. 感情に同調できない
    7. 自分が一番
    8. 自分が喋るのが大好き
    9. 一人に寂しさを感じない
    10. 仕事に支障をきたす
    11. 自分語りが多い(ナルシスト)
    12. 他人への気遣いがない
    13. 何を話していいのか分からなくなる
    14. 会話の場から遠ざかる
    15. 人の話を聞くのが苦手
  2. コミュニケーション能力がない人に育つ原因
    1. “自分が一番偉い” と勘違いしている
    2. もともと対人恐怖症である
    3. ガリ勉で人と接する機会が無かった
    4. 両親とのコミュニケーションが少ない
    5. ゲーム依存が原因
  3. コミュ力がないのに「仕事ができる」ってどんな人?
    1. 仕事が速い
    2. 専門分野に優れている
    3. 技術力がある
    4. アイディア力・クリエイティブ力がある
    5. その他
  4. コミュニケーション能力がない人に、おすすめの仕事・就職
  5. 「コミュニケーション能力がない」と悩むまえに
  6. コミュニケーション能力を向上させる方法
    1. 相手が共感できるテーマ(素材)を使う
    2. 話題を変えるタイミングが絶妙
    3. 相手の警戒心を解くのがうまい
    4. 会話が「相手7:自分3」になっている
    5. 相手のキャパシティに合わせて会話をする
    6. 会話のキャッチボールがうまい
  7. まとめ

コミュニケーション能力がない人の15の特徴

コミュニケーション能力がない人には、以下のような特徴が見られます。

プライドが高い

プライドが高い

コミュニケーション能力がない人の特徴で、よく見られるタイプが「プライドが高い」ことです。

自分は誰よりも優れている、一人でやった方が早いから他人に頼むのが嫌いなど、何でも自分が一番だと思っています。

このタイプは他人と比較して、自分の能力を過信しているため、何でも一人でこなそうとします。逆に、相手を見下しているため、周りに協力することもありません。

人との関係性が薄くなるだけでなく、それを認めることができないので、コミュニケーション能力を養うことができないのです。

自分の意見を押し通す

自分の意見を押し通す

自分は全て正しいと過信し、他人の意見に聞く耳を持たず、自分の意見を強引に押し通す人もまたコミュニケーションがない人の特徴でしょう。

このタイプは自分主体で話を進めようとするため、チームでの共同作業などには向きません。いつのまにか周囲から疎外され、浮いた存在になってしまいます。

空気が読めない

空気が読めない

コミュニケーション能力がない人は、空気が読めません

盛り上がっている最中に、まったく別の話をいきなり始めるなど、自分がやりたいこと、話したいことを好き勝手はじめます。本人に自覚がないケースが多いため、罪悪感を持ちません。

このタイプは自然と人が離れていくため、人間関係が薄くなっていき、コミュニケーション能力がない人に育っていきます。

話し方・聞き方が下手

話し方・聞き方が下手

相手の話を聞いたり、自分の意見を相手に伝えることが下手な点も、コミュニケーション能力がない人の特徴です。

理論的に物事を組み立てることが苦手なため、思いついたことを、すぐ口にしてしまいます

周囲の人の会話をよく聞かずに、何の脈絡も無く自分が言いたいことだけを発言してしまうため、人とのコミュニケーションを壊してしまい、いつのまにか浮いた存在になっています。

他人に興味がない

他人に興味がない

コミュニケーション能力がない人の特徴に、他人に興味がないことがあります。

相手に興味がないので、会話を聞き流したり、共感することがなくコミュニケーションを疎かにします。

感情に同調できない

感情に同調できない

感情に同調できないのも、コミュニケーション能力がない人の特徴といえます。

コミュニケーションを取るためには、相手の話に共感したり、感情やその時の気分に同調することが大切であり、これがお互いの理解を深めます。

ただ単に話を聞くのではなく、会話に対してリアクションを取って、どう感じたかを伝えるようにしましょう。

自分が一番

自分が一番

コミュニケーション能力がない人は、自分が一番だと思っています。

自分良ければ全て良し!、と他人はどうでもいいと思っているため、自分が望むことだけをして、我慢することを覚えません

人との付き合いは、思いやりで成り立っています。まずは相手を思いやることから、はじめましょう。

自分が喋るのが大好き

自分が喋るのが大好き

とにかく自分が喋るのが大好きなのも、コミュニケーション能力のない人に見られる特徴です。

「コミュニケーション能力が高い=喋るのが得意」ではありません。

会話は言葉のキャッチボールであり、一方的に喋り続けるのはコミュニケーションとは言いません。喋っている本人は満足かもしれませんが、相手からしてみれば、意思疎通が図れたとは感じていないでしょう。

一人に寂しさを感じない

一人に寂しさを感じない

一人でいることに寂しさを感じない人は、コミュケーション能力がないことが多いでしょう。

このタイプは、一人でいることに幸せを感じているため、コミュケーション能力がないことに悩むことはありません。

コミュケーション能力がないので、他人と付き合うのは下手ですが、鋼の心を持ち、生きていくのに役に立っています。コミュ力はないものの、幸せな人生を送れる、ある意味ポジティブな人間です。

仕事に支障をきたす

仕事に支障をきたす

コミュケーション能力がない人は、その性格ゆえ仕事で支障が出ることがあります。

他人に興味が無かったり、自分のことばかり話す自己中人間は、人望を集めることはできません。そのため職場でも浮いた存在になり、仕事がやりにくくなります。

自分語りが多い(ナルシスト)

自分語りが多い(ナルシスト)

「話すのが得意(自称)」で自分語りが多い人は、コミュニケーション能力が低いことがあります。

物思いにふけて、一方的に自分のことを語りだす人は、周囲からはナルシストと思われ、浮いた存在になってしまいます。

人と話すときは、自分の世界に入り込まないようにしましょう。

他人への気遣いがない

他人への気遣いがない

コミュニケーション能力がない人は、他人への気遣いがなく、しばしば人間関係で問題が生じることがあります。

本人に悪気はありませんが、人を怒らせたり、悲しませることが多いでしょう。自覚がないため、どの発言が相手を傷つけたのか理解できないことが多いのです。人の気持ちを理解する能力がありません。

借金に悩んでいる人に、お金の話は酷ですし、失恋したばかりの相手は、恋愛話は聞きたくないでしょう。

少し考えれば分かることですが、ぽろっと口に出してしまうのが、コミュニケーション能力がない人の特徴です。

何を話していいのか分からなくなる

何を話していいのか分からなくなる

コミュニケーションに苦手意識を持っている人は、何を話していいのか分からなくなる、といったことがあるでしょう。

何を話せばいいのか困惑して黙ってしまい、その結果、沈黙という気まずい空気が流れてしまいます。そんな時は、質問して相手の好きなことを聞き出しましょう

「話し上手は聞き上手」という言葉があるように、話すだけが会話ではありません。相手に気持ちよく話してもらうことがコミュニケーションの極意です。

会話の場から遠ざかる

会話の場から遠ざかる

コミュニケーション能力がない人は、できるだけ会話から遠ざかろうとします

会社では職場の上司、同僚との飲み会などの機会が増えていくと思いますが、そういった誘いを断るようになります。

すると周囲からは、「つまらない、ノリが悪い」といった悪い印象がついて、仕事でも浮いた存在になってしまいます。

コミュニケーションを避けていては、会話は一向に上達しないので、勇気を出して自分から出向くように心がけましょう。

人の話を聞くのが苦手

人の話を聞くのが苦手

コミュニケーション能力がない人は、人の話を聞くのが苦手な特徴があります

つい自分の話を優先してしまい、相手の話を聞かずにことを進めてしまうことがあります。自分の話に夢中になってしまうのは、わからなくもないですが、相手の反応もきちんと見ながら話すように気をつけましょう。

コミュニケーション能力がない人に育つ原因

コミュニケーション能力がない人に育つ、その原因を紹介します。

“自分が一番偉い” と勘違いしている

“自分が一番偉い” と勘違いしている

コミュニケーション能力がない人は、どこへ行っても “自分が一番偉い” と勘違いしています。

親が裕福で、今までの人生を順風満帆に過ごし、否定されることを知らずに甘やかされて育ってきたことが、大きな原因になっていることが多いでしょう。

このタイプは、他人を見下す傾向が強く、人とのコミュニケーションが全く噛み合いません。

もともと対人恐怖症である

もともと対人恐怖症である

コミュニケーション能力がない人は、もともと「人が怖い」といった対人恐怖症的な側面があります。

対人恐怖症は、いじめや人間関係の失敗など過去のトラウマが原因で起こることがほとんどです。

このタイプの場合は、無理にコミュニケーションを磨こうとすると、かえってコミュ障を悪化させてしまうことになりかねませんので、慎重に向き合うことが必要となります。

まずは根本にある心のケアからはじめましょう。

ガリ勉で人と接する機会が無かった

ガリ勉で人と接する機会が無かった

高学歴親のこどもに多く見られる特徴です。

とにかく勉強を強いられてきた結果、勉強漬けの思春期を過ごしてしまい、人と付き合う経験が少なかったことが原因で起こります。

こうした家庭では中高一貫の学校に通っているケースが多く、周囲の人間関係が大きく変化してこなかったことも要因の一つとなります。

両親とのコミュニケーションが少ない

両親とのコミュニケーションが少ない

両親が共働きの家庭に多く見られる特徴です。

こどもが家に帰っても両親が不在のため、自分ひとりでおやつや食事を済ませるなど、そんな幼少~青年期を過ごしたことが原因で起こります。

会話の機会が少ない家庭環境は、結果としてコミュニケーション能力の低下につながります。

ゲーム依存が原因

ゲーム依存が原因

ゲーム依存はコミュニケーション能力が低下する大きな原因となります。

一度ゲームに熱中すると、兄弟や友だちと遊ぶよりも、一人でゲームをすることに夢中になってしまい、一日の大半をゲームで過ごすことになります。

その結果、人とのコミュニケーションや会話の仕方が分からないまま育ってしまいます。ゲームではなく、人との触れ合いを大切にしましょう。

コミュ力がないのに「仕事ができる」ってどんな人?

コミュ力がないのに「仕事ができる」ってどんな人?

コミュニケーション能力がない人の中でも「仕事ができる人」がいます。

マイナビのアンケート調査では、「コミュニケーション能力がないけど仕事ができる人」が約2割いることが分かりました。必ずしも仕事の能力とコミュニケーションはイコールではないのです。

では、その人はどんな人で、どのように仕事ができるのでしょうか。

  • 仕事が速い
  • 専門分野に優れている
  • 技術力がある
  • アイディア力・クリエイティブ力がある
  • その他

仕事が速い

「分析能力に優れ、仕事が速くて正確」など、コミュニケーション能力はないけど仕事ができる人として、「仕事が速い」という特徴があります。

・「研究開発者として、状況と問題点の分析能力がすばらしく、仕事が速くて的確
・「自分…人と話すのが嫌いで、結論のない話をだらだらされるとイライラするけど仕事は正確で速い…ほとんどミスはない
・「社外の人と接することはないので高いコミュニケーション能力は特に必要なく、ふだんは寡黙で多くを語らないが長年のキャリアで作業が速い
・「基本的な挨拶や仕事のお願いの仕方や説明などができない人だが、資料作成は説明されなくても前のものを見ればどう作ればいいのか分かったり、頭の計算が早くて処理時間の算段がうまい
・「人としゃべるのは苦手だが、人の意図をくみとって先に準備を進めててくれたり、迅速に仕事をしてくれる

仕事のスピードや正確性はコミュニケーション能力とは関係ないことが分かります。

専門分野に優れている

コミュニケーション能力はないけど仕事ができる人として、「専門分野に優れている」という特徴があります。

・「1つのことに突き詰めて深く掘り下げることが得意なので、コミュニケーションは苦手でも専門分野には優れている
・「プライベートは一切語らないで、就業後も一目散に帰宅するが、他の誰もまねできないようなことをする
・「人のできない写真撮影、デザイン、作文などのクリエイティブ

コミュ障の方は、一つの分野を突き詰める能力に秀でており、人との会話が苦手でも、クリエイティブの高い仕事が得意です。

技術力がある

コミュニケーション能力はないけど仕事ができる人として、「技術力がある」という特徴があります。

・「エラそうで、周囲からとんでもなく嫌われていますが、技術がすばらしく修理やメンテナンスが完璧
・「声が小さく、たまに聞き取りづらくて困りますが出張先で成果を出したりと技術力には定評がある」
・「SEで、技術的なことは何でも知っています

コミュニケーション能力よりも、技術力を極めることの方が社会では重宝します。たとえ横柄でも、技術力が高いので何もいえません。

アイディア力・クリエイティブ力がある

コミュニケーション能力はないけど仕事ができる人として、「アイディア力・クリエイティブ力がある」という特徴があります。

・「一人でいるのが好きな人で、とっつきにくいけど、誰にでもそうなので、私は気にならない…逆に、人に流されず、芯がしっかりしているので、信用できる…ジャーナリストで、独自の視点で、独特な文章が面白いし、会社でも評価されている」
・「コミュニケーション不足で外部とのトラブルをしょっちゅう起こしているが、アイデアがよく売り上げが高いので、仕方ないという目で見られています」
・「クリエイティブの世界には結構います…例えばプログラマーで極度の口下手ですが、天才と賞賛される人もいます…別の形にしてコミュニケーションすること、それを創ることを生業とする業種では、一般に称されるコミュ力はなくても仕事はできるという方が多数いるんではないでしょうか」

クリエイティブにコミュニケーションはいりません。むしろ、コミュ力に問題がある、周りから“変”と思われる人ほど、独創的なアイディアを出すことがあります。

その他

コミュニケーション能力はないけど仕事ができる人として、以下のような特徴も挙げられました。

・「あまり、知らない人とはコミュニケーションできない人だけど、プログラミングができるので開発の仕事をしている」
・「エンジニアの方なのでそこまで日常のコミュニケーション力は高くありませんが、仕事で必要な報告等はきちんとしているし頭も良いので仕事ができる人がいます」
・「論理的で的確な人。真面目なのでお客様からも信頼されている」

人との会話が苦手でも、仕事では誠実であり、コミュニケーションができない分、論理的な思考が身に付きやすいとも言えます。

コミュニケーション能力がない人に、おすすめの仕事・就職

コミュニケーション能力がない人に、おすすめの仕事・就職

対人恐怖症で、人とのコミュニケーションが苦手というひとは、対人関係の少ない仕事に就くことをおすすめします。

コミュ障におすすめの仕事を、以下記事で紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

コミュ障におすすめのバイト27選
コミュ障におすすめの仕事【コミュ力不要&正社員あり】

コミュニケーション能力がないのは病気のせい?!

コミュニケーション能力がないのは病気のせい?!

コミュニケーション能力がないのは病気が原因かもしれません

対人恐怖症・コミュニケーション障害に関係する病気を、以下記事で紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

コミュ障に関係する「7つの病気」

「コミュニケーション能力がない」と悩むまえに

「コミュニケーション能力がない」と悩むまえに、以下の本を読みましょう。

コミュニケーション能力を向上させる方法

コミュニケーション能力を向上させる方法

「コミュニケーション能力がない人」の特徴や原因などが分かったところで、ここからコミュニケーション能力を向上させる方法を紹介していきます。

相手が共感できるテーマ(素材)を使う

人は生まれも育ちも異なります。コミュニケーション能力の高い人は、相手の育ちや信仰など「相手の価値観」に合わせて、会話をすることを心がけています。

相手の「YES」を積み上げることで、信頼が構築され、円滑なコミュニケーションが生まれます。

話題を変えるタイミングが絶妙

コミュニケーション能力の高い人は「空気を読む力」が優れています。「会話の停滞」をいち早く察知し、別の話題に変えるのが上手です。

「相手の価値観」を尊重し、相手が興味のある話題や盛り上がるテーマを、的確に選びます。このマインドはコミュニケーションを築くのに重要な役割があります。

相手の警戒心を解くのがうまい

コミュニケーション能力の高い人は、まず「自己開示」をして心を開きます。

相手の警戒心を解くのに最も効果的なテクニックが「自分の弱点をネタにすること」です。そうすることで、相手はあなたへの警戒心を解きます。

ただし、自分を卑下してしまうと、逆に相手にネガティブな印象を与えてしまい、人間の本能である「種の優劣」が働き、見下される可能性があるので注意しましょう。

会話が「相手7:自分3」になっている

コミュニケーション能力の高い人の会話は「相手7:自分3」になっています。

相手の価値観を知るためには、相手の話をしっかり聞くことが欠かせません。コミュニケーション能力を高めるためには「聞く力」は必須スキルです。

相手のキャパシティに合わせて会話をする

コミュニケーション能力の高い人は、相手のキャパシティを意識して会話をします。相手が理解できる言葉を選び、一つ一つ順を追って会話を進めます。

そうすることで「分かりやすい会話」という印象を与えることができます。

会話のキャッチボールがうまい

コミュニケーション能力の高い人は、会話のキャッチボールがうまい特徴があります。

相手の話をよく聞いて、感情に共感し、適切な質問を返します。会話のキャッチボールは生まれついたセンスではなく「知識」です。

コミュニケーション能力が高い人の特徴や、実践しているテクニックを、以下記事でさらに詳しく紹介しています。ぜひチェックしてみてください。
コミュ力が高い人の特徴27選と、たった2つのテクニック

まとめ

コミュニケーション能力がない人の特徴や原因、コミュ力を向上させるスキルを紹介しました。

あなたやあなたの周りにいる人は、いくつ当てはまったでしょうか。もし、自分でコミュニケーション能力がないと自覚している人は、自分にぴったりの仕事を選びましょう。

必ずしも、仕事の能力がコミュニケーションとはイコールではないので、自分のスキルを最大限に活かせる仕事を選び、本当の力を発揮してください。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

【コミュ障の力が発揮できる仕事】
コミュ障におすすめのバイト27選
コミュ障におすすめの仕事【コミュ力不要&正社員あり】

【あわせて読んで欲しい記事】
コミュ障を改善する27のテクニック
コミュ障を克服!今日からできる9つの行動

  • NHKに出演!金井式あがり症教材

この記事が役に立ったらブックマークお願いします!

お役立ち情報をお届けします!

関連記事

カテゴリー

人気の記事

新着の記事