コミュ障を克服するためのブログ|コミュ障.com

コミュ障の話し方の特徴&おすすめの話し方教室5選

オススメ記事

これまで色々な方法を試したけど、コミュ障が治らなかった・・・。とお悩みの方は、「話し方教室」がおすすめです。

コミュ力を付けるためには、まずコミュ障の話し方の特徴を知り、会話のコツを学ぶことが大切です。ここでは、「コミュ障の話し方によくある特徴」「会話のコツ」「おすすめの話し方教室」を紹介します。

コミュ障の話し方によくある特徴

コミュ障の話し方によくある特徴

コミュ障の人が会話力を高めるためには、まず自分の話し方を知ることが大切です。

以下に共通してみられる「コミュ障の話し方」の特徴をまとめました。あなたはいくつ当てはまるでしょうか?

  • 小さい声でボソボソ話す
  • 相手の目を見て話せない
  • 言葉足らず・回りくどい
  • 話しかけるタイミングが悪い
  • たとえ話が下手
  • 適当に受け流せない

小さい声でボソボソ話す

コミュ障の話し方にみられる特徴の1つ目は「小さい声でボソボソ話す」ことです。

自信が持てないので、つい小さい声でボソボソと話してしまい、相手に伝わりません。挙句の果てには「もっとでかい声で話せ」と怒られて、さらに会話への苦手意識が高まり、コミュ障が悪化していきます。

他にも自分の声にコンプレックスを抱いている人によくみられます。

相手の目を見て話せない

コミュ障の話し方にみられる特徴の2つ目は「相手の目を見て話せない」ことです。

目を見て話せないのには、「自信がない」「相手のことが怖い」「自分を知られるのが怖い」といった心理が隠されています。

もともと日本人はシャイな性格で「相手の目を見て話す」という習慣が少なく、抵抗感を抱いています。

言葉足らず・回りくどい

コミュ障の話し方にみられる特徴の3つ目は「言葉足らず・回りくどい」ことです。

相手にどれくらいのレベルで言えば伝わるのか?など要点をまとめて話すことが苦手なため、言葉足らずになったり、回りくどくダラダラとした話し方になってしまい、聞き手を困惑させてしまいます。

話しかけるタイミングが悪い

コミュ障の話し方にみられる特徴の4つ目は「タイミングが悪い」ことです。

タイミングや距離感を掴むのが難しく、相手が急いでいる時や食事中など、タイミングの悪い時に話しかけてしまうことがあります。

そんな時に、ダラダラと話しかけてしまうと、相手のイライラは募る一方。タイミングだけでなく、会話の要点を端的に話すことも大切です。

たとえ話が下手

コミュ障の話し方にみられる特徴の5つ目は「たとえ話が下手」なことです。

言葉のボキャブラリーが少ないので、たとえ話が相手に全然伝わりません。「どういう意味~?」としょっちゅう聞いてしまっているあなたは、気をつけましょう。

適当に受け流せない

コミュ障の話し方にみられる特徴の6つ目は「適当に受け流せない」ことです。

相手が軽く言ったことに、やたらとツッコんでしまいます。こだわりが強いことは悪いことではありませんが、主張すべき時とそうでない時の判断が難しく、時に相手に引かれることがあります。

コミュ障教室「アナウンサーに学ぶ!話し方のコツ」

なぜ、この人と話をすると楽になるのか

ベストセラー『なぜ、この人と話をすると楽になるのか』の著者であり、ニッポン放送アナウンサーの吉田尚記氏が教える「困らない話し方」から、話し方のコツを学んでいきましょう。

①「会話はゲーム」と考えれば気詰まりな雑談も怖くない!

『コミュニケーションは“ゲーム”だ』と考えればいいのです。

「会話するのに、話題なんてなくていい。必要なのは“質問”です。

もし気候を使うなら、質問にすればいいのです。

『毎日暑いですけど、昨夜は眠れました?』

これなら相手もだいぶ答えやすい。それで『眠れませんでした』と返ってきたら、『眠れないときはどうするんですか?』とまた質問をする。

質問は具体的であるほど、相手が答えやすくなります。

参照:“コミュ障”のアナウンサーが教える「困らない話し方」

②日々の会話を「練習台」にしてしまおう

「会話するとき、『自分を理解してほしい』とは考えないほうがいい」

「コミュニケーションは、自己主張でも自己表現でもありません。結局コミュニケーションの目的は、『人と仲良くしたい』ということに尽きると思う。

コミュニケーションというゲームは、サッカーや野球と違い、日常に練習の場が無数にある。少しだけ勇気を出し、練習を重ねれば、コミュニケーションが怖くなくなるときがきっと来るはずです」

参照:“コミュ障”のアナウンサーが教える「困らない話し方」

このように、会話を一つのゲームにとらえて、日々の会話を練習台にしてしまえば、会話を恐れることなくなるでしょう。

また話題を考える必要はなく、会話力は技術でカバーすることができ、“質問” をするだけで会話を続けることができます

「話し方教室」で本当に会話力が付くの?

「話し方教室」で本当に会話力が付くの?

これまで、色々な方法を試してみたけど、コミュ障が治らなかった・・・。と言う方は、「話し方教室」がおすすめです。

話し方教室って何?どんなことを学べるの?と言う方のために、少しだけ得られるメリットを紹介したいと思います。

心が楽になる

話し方教室では、まず「聞く力」や「感じの良い話し方」のテクニックを身に付けることができます。

「話し上手は聞き上手」ということわざがあるように、聞く力を学ぶことで、会話に自信がない方でも相手とのコミュニケーションを円滑にすることができ、ストレスが解消され、心が楽になります

スムースな会話が身につく

人前で話す時に緊張して声が震えてしまう、相手との会話が続かない、頭が真っ白になり何を話して良いのか分からなくなる・・・。といった悩みを抱えた方は、話し方教室に通うことで、スムースな会話が身につきます。

魅力的な声の出し方、話し方、適切な話題の選び方や広げ方など、会話の基礎から応用テクニックまでを身に付けることができ、人前で話す訓練にもつながります。

話し方教室に通っている生徒のほとんどは、上達して人と話すことが好きになって卒業していきます!

上達が早く、会話力が高まる

話し方教室では、一人ひとりの話し方の癖を分析し、それに合った指導をしてくれるため、上達が早いという特徴があります。

話題力・感動力・尊重力・共感力・表現力・交際力の6つの診断を元に、的確にアドバイスをくれるため、自分を正確に理解することができます。

自分のコミュニケーションの癖を知ることが、会話力を高める一番の近道であり、話し方教室はスムースな会話力を身に付ける、大きな足がかりとなるでしょう。

話し方教室おすすめ5選

それでは、人気の「話し方教室」を紹介します。

1.日本コミュニケーション学院

日本コミュニケーション学院

http://www.comgakuin.jp/

話し方教室の名門「日本コミュニケーション学院」は、業界No.1スクールとして定評があります。個別指導を中心としたマンツーマンのシステムで、受講生一人ひとりに合わせた指導をしてくれます。

2.日本語話し方センター

日本語話し方センター

http://www.ohanashi.co.jp/

「日本語話し方センター」は、設立50年以上の老舗の話し方教室です。これまでに30万人の卒業生を輩出し、実績には定評があります。

3.ヒューマン話し方教室

ヒューマン話し方教室

http://talkgym.tokyo/

「ヒューマン話し方教室」は、東京、神奈川、千葉に展開しており、あがり症を克服したい方にピッタリです。専門のアドバイザーがマンツーマンで的確なアドバイスをしてくれます。

4.TALK&トーク話し方教室

TALK&トーク話し方教室

http://www.e-0874.net/

「TALK&トーク話し方教室」は、目的やコミュ障の程度に合わせてコースが選べて、DVD講座や無料メール講座も用意されているので、ご自宅からも受講できます。

プライベート、婚活、ビジネスなどあらゆるシーンに活用できます。

5.AUN話し方教室

AUN話し方教室

http://aunhanashikata.com/

「AUN話し方教室」は、一人ひとりの癖や問題点を分析した上で、具体的な指導を行ってくれます。意識改革から行っており、人の前で話をするのが苦手といった、あがり症の悩みを解消できます。

まとめ

コミュ障を治すためには、まずコミュ障の話し方を知ることが大切です。

話し方教室に通うことで、客観的に自分を理解することができ、適切なアドバイスが得られるので、会話の上達も早くなります。

コミュ障を治したい!と思っている方は、ここで紹介した「おすすめの話し方教室」や「話し方のコツ」を、ぜひ参考にしてみてください。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

  • NHKに出演!金井式あがり症教材

この記事が役に立ったらブックマークお願いします!

お役立ち情報をお届けします!

関連記事

カテゴリー

人気の記事

新着の記事