コミュ障を克服するためのブログ|コミュ障.com

コミュ障は恋愛できない?!その原因と恋愛を叶える会話テクを伝授!

オススメ記事

コミュ障 恋愛

コミュ障の自分には「恋愛は無理!できない!」と諦めていませんか?。それは大きな間違いです。

あなたの行動ひとつで、コミュ障でも恋愛が叶います。ここでは、コミュ障が恋愛できない原因と、恋愛を叶えるステップ&会話術をご紹介します。

恋愛コミュ障とは

恋愛コミュ障とは

恋愛コミュ障とは、プライベートや仕事面ではコミュニケーションが取れている人でも、恋愛の場面になると途端にコミュニケーションがうまく取れなくなってしまう人のことを言います。

元々、人とのコミュニケーションを苦手とするコミュ障の方は、恋愛においても奥手になってしまう傾向がありますが、私生活でコミュニケーションをスムーズに取れる人も、好きな異性に対してはコミュニケーションが取れなくなるタイプもいます。

単なるコミュ障だけでなく、恋愛になると途端に臆病になるタイプを総称して「恋愛コミュ障」と呼びます。

コミュ障に恋愛は無理、できない・・・。

コミュ障に恋愛は無理、できない・・・。

コミュ障や対人恐怖症だから “恋愛は無理” だと思っていませんか?

それは大きな間違いです。

恋愛はごく自然なもので突然やってきます。それは学校や仕事、ショッピングに出かけた時など、何気ない時に訪れるのです。

学校で誰にでも笑顔で接している同級生。コーヒー1杯を買った時に優しい笑顔で対応された時など。ふと気がつけばその人のことを想い、四六時中その相手のことを想像しています。

そんな時に頭によぎるのが、「どうせコミュ障だから、恋愛なんてできない・・・無理だ・・・。」

諦めないでください、決してそんなことはありません。

コミュ障が恋愛できない原因

コミュ障が恋愛できない原因

コミュ障が恋愛できない一番の原因は「諦める」ことです。

諦めてしまうことが一番ダメであり、コミュ障の方は自分を過小評価してしまい、初めから無理と決め付けてしまう傾向にあります。

恋愛はコミュニケーション力が無くても、正しい知識をもって正しく行動すれば、必ず成功できます。片思いの相手を落とすことも、モテることも可能なのです。

まずは異性(男女)に慣れること。

まずは異性(男女)に慣れること。

コミュ障の場合、人と接する機会が少なく、異性に対して慣れていないことが多いでしょう。そのため、まずは男女との接触機会を増やして慣れることが大切です。

いきなり好きな女性に近づこうとすると、「失敗して嫌われたらどうしよう」という不安や恐怖が頭をよぎるでしょう。

恋愛は就活の面接と似ています。いきなり第一志望の会社を受けるのではなく、他の会社で練習してから第一志望に望みましょう、とよく言いますよね。

それと同じで、いきなり好きな女性にアタックするのではなく、その前に他の人で練習してから、片思いの相手に勝負するのが良いでしょう。

恋愛の経験を積む

恋愛の経験を積む

恋愛に踏み込めないのは、ただ一つ「自信がない」ことです。

そして、その自信は「経験」を積むことで得られます。会話における自信は “慣れ” であり、そのためには経験を積むことがとても大切です。

苦手意識を克服して自信をつけるために、色々な女性・男性と出会って、アプローチの経験を積み上げていきましょう。

恋愛を成功させる6つの会話術

恋愛を成功させる6つの会話術

恋愛を成功させるためには、ちょっとした「会話のコツ」があります。

アナウンサーが教える「恋愛を叶える、6つの会話術」を意識するだけで、片思いの相手との距離をぐっと近づけることができます。

  • あいづちを大切にする
  • 自分よりも「相手」を優先する
  • 会話にメリハリをつけてみる
  • 声のトーンを変える
  • 大切なのは「目」
  • まずはオウム返しからトライしてみて

あいづちを大切にする

会話が苦手な人でもすぐに取り入れやすいのが「あいづち」です。

これなら自分から話さなくて良いので、気軽にできるでしょう。相手が話をしているときは、あいづちを入れてみましょう。相手はあなたが話をしっかり聞いてくれていると嬉しい気持ちになり、あなたの印象をよくすることに繋がります。

ちょっとした返事「そうだね!」「わかる!」「それで?」などリアクションをとることで、さらに相手の心に印象付けることができるでしょう。

自分よりも「相手」を優先する

まずは相手の様子を伺うことが大切です。相手が気持ちよく話しているときに、その会話を遮ってはいけません

また相手の好きな話題を振ったり、相手のペースに合わせて会話をすることができれば、あなたの魅力を引き立てることができるでしょう。

会話にメリハリをつけてみる

テレビの司会者を見ていると、話すときに緩急(メリハリ)をつけていることが分かります。早口過ぎても、ゆっくり過ぎても、聞きづらい印象を受けます。

話し方にメリハリをつけることで、会話の要点が理解しやすくなり、スッと耳に入ります。

一番伝えたいメインの話題は、ゆっくりと話すように心がけることで、相手を会話に惹き込み、あなたを印象的に魅せることができます。

声のトーンを変える

司会者やナレーターの話し方を聞くと、楽しいときや悲しいとき、怖いときなど話題に応じて声のトーンを変えていることが分かると思います。

会話の雰囲気に応じて声のトーンを意識的に変化させることで、あなたのイメージを良くすることができます。

相手が悲しい話題をしているときは、悲しい声のトーンで答えてあげましょう。

大切なのは「目」

人とのコミュニケーションには「目」が大切です。

「相手の目を見て話しましょう」ということをよく聞きますが、かといって見つめ過ぎるのも良くありません。威圧感や緊張感を与えてしまい、心を引き出すことが出来なくなってしまいます。

相手の目を適度に見て、目をそらすときは上下にそらすのもポイントの一つです。相手に安心感を与える話し方を意識しましょう。

まずはオウム返しからトライしてみて

できる営業マンがよく使う会話のテクニックに「オウム返し」という手法があります。

相手が言った言葉を繰り返しながら、話を進めていくことで、自分の話をしっかり聞いてくれてる、という印象を与え、安心感を生むことができます。

例えば、

休みの日は何してるの?

映画を見に行くことが多いかな。

“映画”か、いいね!最近は何見たの?

バイオハザード

“バイオハザード”を観たんだ!面白かった?

超面白かった!

このように、相手が言ったすぐ直前の言葉を「オウム返し」のように繰り返すことで、話を盛り上げ、会話上手な人だと思わせることができます。

会話術を学ぶことで、片思いの相手を惹き付かせることができます。恋愛を成功させたい方は「恋愛コミュニケーション習得プログラム」を実践しましょう。

まとめ

コミュ障の方が恋愛できない原因は「諦めてしまう」ことです。

そのため、自信をつけて恋愛を叶えるためには、

  1. まず異性に慣れること
  2. 次に恋愛の経験を積み、
  3. 惹きつける「会話術」を学ぶ

この3つのステップが大切であり、正しい知識をつけて行動すれば、片思いの相手との恋愛が叶います。行動するかしないか、ただそれだけです。

ここまでお読みいただいた、あなたに質問です。あなたは、どっちを選びますか?

  • 誰とも恋愛できず、生涯独り身
  • 片思いの相手と付き合あって、子供をつくる

もし後者を望むなら、⇒ 会話と非言語をフュージョンさせた“四次元コミュニケーション” を学びましょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

  • NHKに出演!金井式あがり症教材

この記事が役に立ったらブックマークお願いします!

お役立ち情報をお届けします!

関連記事

カテゴリー

人気の記事

新着の記事