コミュ障を克服するためのブログ|コミュ障.com

コミュ障で会社が辛い・・・。職場で良好な関係を築く13の方法

オススメ記事

コミュ障で会社が辛い・・・。職場で良好な関係を築く13の方法

コミュ障で会社が辛い・・・。人間関係がうまく築けない・・・。

そんな方のために、ここでは、「コミュ障が会社で良好な関係をつくる13の方法」について紹介します。いますぐできる習慣から、心理カウンセラーが教えるテクニックまでを教えます。

コミュ障で会社が辛い、良い人間関係を築きたい!と悩んでいる方は、ぜひ最後までお読みください。

コミュ障は会社が辛い

コミュ障は会社が辛い

コミュ障の方は会社にいくのが辛いですよね。職場で良好な人間関係を築くのは難しく、多くの方が仕事で苦しんでいます。

私は現在24歳、4ヶ月ほど前に新しい会社に転職しました。
以前の会社は新卒で入社しましたが、人間関係と残業の多さで身体を壊し2年経たずに退社しました。

出展:Yahoo!知恵袋

事務職に就いたのですがコミュ障で辛いです

社会不適合者です。
自分がはいない方がいいんだろうな、とひたすら思います。

出展:教えて!goo

私はコミュ障です。
はっきり自覚してます。

新卒で事務職(食品会社)に就職して2週間が経ちました。 私はコミュ障なのですが、事務職に就いてしまったことを今になってとても後悔しています。

出展:教えて!goo

このようにコミュ障のせいで会社が辛く、職場の人間関係に悩んでいる方が多くいます。また、社会では「コミュ障=仕事ができない」という偏見を持たれることも少なくありません。

そんな悩みや不安を解消するために、コミュ障が会社で良好な関係をつくる方法を次から紹介していきます。「仕事が辛い・・・。でもこの状況から抜け出したい!」と葛藤している方は、ぜひ読んでみてください。

コミュ障が会社で良好な関係をつくる13の方法

それでは、コミュ障が会社で良好な関係をつくる13の方法を紹介します。

  • あいづちやリアクションをとる
  • 笑顔をつくる
  • 誘いを断らない
  • 相手を好きになる
  • 一人づつ仲良くなっていく
  • 共通点を見つける
  • とにかく仕事に熱中する
  • 仕事の相談をする
  • あいさつをする
  • バーナム効果
  • 承認欲求を満たす
  • バック・トラッキング
  • 相手に気持ちよく話してもらう
  • いっそのこと転職する

あいづちやリアクションをとる

あいづちやリアクションをとる

相手が話しているときには “リアクション” をとりましょう。無理に自分から話しかける必要はありません、相手の話をよく聞いて、あいづちやリアクションをとることが円滑なコミュニケーションを生み出します。

相手が話しているときに無反応であれば、「無視してるのかな」「興味ないのかな」とネガティブな印象を与えてしまい、人間関係が悪くなってしまいます。

人気者のようにオーバーなリアクションではなく、ごくごく自然な反応でOKです。

笑顔をつくる

笑顔をつくる

いつも笑顔でニコニコしている人には親近感がわき、人が集まってきます。良好な人間関係を築くためには、笑顔で楽しい雰囲気をつくることが大切です。

仕事は楽しいことばかりではないので、笑顔をつくるのは難しいかもしれませんが、笑顔でいることで良いコミュニケーションをつくるきっかけになります。せめて人と目が合った時や、話すときは笑顔を心がけましょう。

誘いを断らない

誘いを断らない

会社で働いていると、週末の仕事終わりに上司や同僚から飲みに誘われることも多いでしょう。コミュ障の方は苦手意識から、つい誘いを断ってしまいがちですが、誘いは仲良くなる絶好のチャンスです。

プライベートな付き合いが深まれば、職場での良好な人間関係にもつながり、仕事がやりやすくなります。誘いには積極的に参加しましょう。

相手を好きになる

相手を好きになる

相手のことが嫌いだと、会話することに苦痛を感じます。そのため、良好な人間関係を築くためには、まず相手を好きになることが大切です。

相手に興味を持ち、良いところを探してみましょう。そうすることで自然と相手との壁が無くなり、そこから良好なコミュニケーションが生まれます。

一人づつ仲良くなっていく

一人づつ仲良くなっていく

グループにいきなり溶け込むのは、コミュ障にはハードルが高いでしょう。そこで、一番話しかけやすい一人に狙いを定めます。グループの一人と仲良くなることができれば、その人を介して他の仲間とも仲良くなっていけます。そうやって人間関係の輪を広げていきましょう。

共通点を見つける

共通点を見つける

仕事の人とうまくコミュニケーションがとれない原因は、そもそも話すネタが無いからです。「何を話せばいいのか分からない」「話題が見つからない」といったことにより、会話が長続きしません。

ですが、趣味の話ならどうでしょうか。仕事では無口なあなたでも、プライベートで趣味の合う友達となら話が弾むのではないでしょうか。相手との共通点を見つけることが、職場で良好な人間関係を築く一番の近道になります。

好きなドラマや映画、漫画やアニメ、ネットサーフィンやスポーツなど何でもOKです。相手との共通点を探してみましょう。

とにかく仕事に熱中する

とにかく仕事に熱中する

コミュニケーションをとることが苦手であれば、とにかく仕事を頑張りましょう。仕事で成果を上げ評価されれば、周りからコミュニケーションを取ってくるようになります。

コミュ障な上に仕事もできなければ最悪ですが、仕事ができればコミュ障なんて関係ありません。無理に苦手なコミュニケーション能力を高めようとするのではなく、その労力を仕事に向けましょう。

仕事の相談をする

仕事の相談をする

一人で黙々と作業をこなしていては、職場の同僚や上司との距離を遠ざける一方です。そこで適度に仕事の相談をすることで、コミュニケーションのきっかけにもなりますし、頑張っているとアピールすることもできます。

人は誰かに頼られることで、自己承認欲求が高まり、気分が良くなります。相談することは良好な人間関係を築くためのテクニックとして使えます。

あいさつをする

あいさつをする

あいさつをするだけで、第一印象がぐっと良くなります。あいさつはコミュニケーションの基本であり、「おはようございます」「お先に失礼します」など、日常的に声をかける癖をつけましょう。

会話が苦手であれば、とりあえず “あいさつ” だけでもしていれば好感度が上がり、相手との距離はぐんと縮まるでしょう。

バーナム効果

バーナム効果

バーナム効果とは誰にでも当てはまる性格の特徴を、さも自分だけに当てはまるものと錯覚してしまう心理効果です。

例えば、「~~さんて、自分に厳しいですよね」「~~な面があるけど、実は~~もありますよね」といったものです。人は二面性を指摘されると「正当に評価されている」と満足感をおぼえ、相手のことを信頼するようになります。

承認欲求を満たす

承認欲求を満たす

人は評価されたいという承認欲求があります。相手のことを認め、承認欲求を満たしてあげることで、信頼感を与え、良好な人間関係につながります。

「~~さんって仕事早いですよね」「何でもできて尊敬します!」など相手のことを尊敬する一言を活用して、相手に満足感を与えましょう。

バック・トラッキング

バック・トラッキング

バックトラッキングとは相手の言葉から重要な要点を抜き出して、「~~なんですね」と繰り返すことです。

気の利いたコメントができなくても、バックトラッキングすることで、きちんと話を聞いてくれているんだと、相手はあなたのことを信頼します。特に「楽しかったですね!」「悲しかったです・・・」など、感情をリピートすることで、会話が弾みやすくなります。

相手に気持ちよく話してもらう

相手に気持ちよく話してもらう

基本的に人は自分の話をするのが大好きです。会話では自分が話すことよりも相手にどれだけ話をさせたかが成功のカギを握ります。

聞くスタンスを徹底して、相手に気持ちよく喋らせることで良好な関係が築けます。その際には、前述したあいづちやリアクションをとることが大切です。

いっそのこと転職する

いっそのこと転職する

人にはそれぞれ相性があります。がんばって今の環境に合わせようと努力しても、合わないものは合いません。そんな時は、無理しないで今の仕事を辞めて、職場を変えるというのも手です。

「今の環境で頑張れないなら、どこに行っても無理だよ!」と言う人がいますが、それは違います。人それぞれ自分の能力を発揮できる環境は異なります。

もちろん安易に仕事を辞めることはおすすめできませんが、人間関係で悩み、どうしても職場に打ち解けられない場合は、転職サイトに登録して自分に合った仕事を探してみましょう。リクナビNEXTなら、自分では探せなかったジャンルや、気づかなかった自分の適性が発見できるなど、天職にめぐり合う可能性が広がります。

リクナビNEXT

まとめ

ここでは、「コミュ障が会社で良好な関係をつくる13の方法」について紹介しました。

コミュ障で会社の人間関係に悩んでいる方は、ここで紹介した良好な関係をつくる方法を参考にしてみてください。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

【あわせて読んで欲しい記事】
コミュ障を改善する27のテクニック
コミュ障を克服!今日からできる9つの行動

  • NHKに出演!金井式あがり症教材

この記事が役に立ったらブックマークお願いします!

お役立ち情報をお届けします!

関連記事

カテゴリー

人気の記事

新着の記事