コミュ障を克服するためのブログ|コミュ障.com

大人の発達障害とは?症状や治療法まとめ

オススメ記事

大人の発達障害とは?症状や治療法まとめ

成人してから突然「大人の発達障害」と診断されることがあります。不安に感じるかもしれませんが、その症状は、適切な治療をすれば改善することができます。

そこで今回は「大人の発達障害の症状、原因、治療法」などを紹介します。

大人の発達障害とは

大人の発達障害とは

大人の発達障害とは成人してから「発達障害」と診断されるもので、大抵は自覚症状がないため、見過ごされてしまうケースも少なくありません。

発達障害は、生まれつき脳機能に障害があり、成長過程において発達の遅れを伴う病気です。さまざまなタイプがあり、アスペルガー症候群、自閉症、ADHD(注意欠如・多動性障害)、学習障害、コミュニケーション障害などに分けられます。成人して発達障害と診断される場合を、「大人の発達障害」といいます。

これまでの医学では、発達障害は幼児~青年期に発症する疾患と研究されていましたが、近年では大人の発達障害が増加しています。

大人の発達障害の症状・特徴

大人の発達障害の症状・特徴

大人の発達障害の症状には、以下のような特徴があります。

  • コミュニケーションをうまく取れない
  • 良好な人間関係が築けない
  • その場の空気が読めない
  • ケアレスミスや忘れ物が多い
  • 仕事とプライベートの段取りが悪い
  • 感情が激しく、衝動的に行動してしまう
  • デスク周りの整理ができない
  • 期限や時間を守れない
  • 用事や約束をよく忘れる
  • 落ち着きがなく、いつもソワソワしている
  • 計画性がない
  • 環境に適応するのが難しい

これらに当てはまる方は、「大人の発達障害」かも知れません。

発達障害の患者は、人とコミュニケーションを取ることが苦手であり、また思いつきで行動してしまう傾向があるため、ミスをする場面も多く見られます。

そのため、職場での人間関係をうまく築けないといった悩むが深刻化して、うつ症や不安症を合併するリスクも高まります。発達障害の場合は “いつも” こうした問題が生じており、日常生活や仕事に支障をきたしています。

大人の発達障害の種類

大人の発達障害の種類

大人の発達障害の種類は、いくつかのタイプに分類されます。

  • アスペルガー症候群(ASP)
  • 自閉症(AD)
  • ADHD(注意欠如・多動性障害)
  • 学習障害(LD)
  • コミュニケーション障害
  • 発達性言語障害(言語性LD)
  • 発達性協調運動障害(DCD)

主に以上のようなタイプに分けられますが、患者の多くは2つ以上の特徴を少しずつ合わせ持っているケースがあります。

アスペルガー症候群(ASP)

アスペルガー症候群は「社会性障害・対人関係の欠如」「行動のパターン化、偏った関心・興味」「コミュニケーション障害」といった特徴を持つ病気です。

広汎性発達障害(PDD)のひとつであり、社会性やコミュニケーション能力にまつわる発達障害が見られます。言語能力には問題がないため、障害であることが判断しにくく、大人になってから診断されるケースが多く見られます。

アスペルガー症候群(AS)とは?症状や特徴

自閉症(AD)

自閉症は「言語発達の遅れ」「行動のパターン化、こだわり」「社会性障害・対人関係の欠如」「コミュニケーション障害」といった特徴を持つ病気です。

たいていの場合、幼児期(~3歳頃まで)に何らかの症状が見受けられます。症状が軽い場合は、「自閉症スペクトラム」と呼ばれます。

  • 言葉を話すのが他の子と比べて遅い
  • 人の話したことをオウム返しする
  • 抽象的な言葉・比喩や皮肉の意味を理解できない
  • 呼んでも反応しない
  • 自分の話したいことだけ一方的に話す

以上のような症状が見られたら、「自閉症(AD)」かも知れません。

自閉症の半数以上は「知的障害」を伴い、約3割は「高機能自閉症」と呼ばれる知能には遅れを伴わない症状が現れます。勉強に支障がありませんが、人とのコミュニケーションを苦手とします。

自閉症とは?原因や症状について

ADHD(注意欠如・多動性障害)

ADHD(注意欠如・多動性障害)は「不注意(集中できない)」「衝動的行動(考えるよりも先に行動する)」「多動・多弁(じっとしていられない)」といった特徴を持つ病気です。

たいていの場合、幼少期(~7歳頃まで)に何らかの症状が見受けられます。不注意や多動といった様子が目立つようになるのは小~中学生頃ですが、思春期を過ぎるとこのような症状が目立たなくなるケースもあります。

ADHD(注意欠如・多動性障害)とは?症状や原因、治療法について

学習障害(LD)

学習障害(LD)は知能における発達の遅れはないものの、「話す」「聞く」「読む」「書く」「計算する」など、特定の能力を学ぶことが困難な状態をいいます。

得意分野には問題が見られないため、学習障害は判断しにくい種類の発達障害となります。

学習障害(LD)とは?症状や特徴について

コミュニケーション障害

コミュニケーション障害は、発達障害などの病気や障害とは異なり、コミュニケーションが苦手な人のことをいいます。

人との会話では、緊張して言葉に詰まったり、自分の言いたいことを相手にうまく伝えられないといった症状が見られます。

コミュ障とは?コミュニケーション障害の意味や定義
大人のコミュニケーション障害の症状と治療方法

発達性言語障害(言語性LD)

発達性言語障害(言語性LD)は知的能力には問題はないものの、言葉の理解に遅れが見られる障害です。主に「表出性言語障害」「受容性言語障害」の2つに分類されます。

「表出性言語障害」は言葉を理解できますが “話す” ことに遅れが見られ、「受容性言語障害」は難しい言葉を覚えることができません。

発達性言語障害(言語性LD)とは?原因、症状、治療法など

発達性協調運動障害(DCD)

発達性協調運動障害は、言語能力には問題はないものの、協調運動の機能に遅れが見られる障害です。

協調運動とは、「手と手」「手と目」「足と目」「足と手」など個別の機能を一緒に動かす運動です。例えば、ボールを蹴る時は、ボールを目で追いながら、足で蹴るという動作を同時に行います。このような運動を “協調運動” と言います。

発達性協調運動障害(DCD)とは?原因、症状、治療法など

その他

この他にも「チック障害」「吃音(きつおん)」なども、発達障害に含まれます。

大人の発達障害になる原因

大人の発達障害になる原因

発達障害になる原因は、いまだに解明されていません。精神医学の世界では統合失調症やうつ病の研究が先行し、発達障害は後れをとっているのが事実です。

色々な説がありますが、主に「遺伝」と「環境要因」が関係していると発表されています。

遺伝による

発達障害の遺伝子は、200~400個あると言われていますが、発症にいたるメカニズムは未だ解明されていません。

例えば、兄弟が自閉症だった場合、もう一人も自閉症になる可能性が高い、という研究結果が出ています。

ですが、遺伝子が一緒である一卵性双生児の場合でも、一人だけが発達障害を発症するケースもあるため、遺伝要因以外にも原因があると推測されています。

環境要因

発達障害は「環境要因」が引き金となって起こる可能性も加味されています。

生まれつきの先天的な発達障害の場合、「親の年齢、出産時の合併症、妊娠時の食生活、汚染」などの要因が影響して発症すると考えられています。

必ずしも先天的な理由だけでなく、成長過程における後天的な環境の変化が原因となって発症する可能性もあるため、現時点では、その原因を追究するのは困難を強いられています。

発達障害の人に向いている仕事

発達障害の人に向いている仕事

発達障害の方は、働けないと偏見を持たれる方が多いですが、「定型発達者」にはない独特の感性を持っています。そうした特技を生かした仕事に就くことで、スキルを最大限生かして働くことができます。

例えば、以下のような長所があります。

  • 事実を見極める力がある
  • 細部重視で緻密(ちみつ)な作業に向いている
  • 発想力があり、独特な視点を持っている
  • 知識が豊富で専門職に秀でている
  • 集中力が高く、一つのことを追求するのに優れている
  • 努力家でコツコツ取り組める
  • 文字や数値への適性が高い
  • ルールを遵守し、反復能力がある

適正にマッチした職場では能力を発揮する可能性が高くなります。主に専門職や単純作業などを得意としており、以下のような仕事に向いています。

  • 関心を掘り下げる仕事(電化製品、記者、編集 など)
  • PCを使う・内勤の仕事(プログラマー、事務、オペレーター など)
  • 反復が多い仕事(工場、経理、情報管理、ルートセール など)
  • 緻密さが求められる仕事(検査技師、テスター、品質管理 など)
  • マイルールを追求できる仕事(学者、研究者など)
  • 自分の裁量でできる仕事(起業・フリーランス など)

コミュ障におすすめの仕事【コミュ力不要&正社員あり】
コミュ障におすすめのバイト27選

大人の発達障害の治療

大人の発達障害の治療

大人の発達障害の治療には、主に以下3種類の方法があります

  • 環境調整
  • 生活療法
  • 薬物療法

環境調整

環境調整とは本人が安心して生活できるように、環境を整える治療です。家庭、学校や職場など、周囲の環境を変えていきます。

例えば、計算が苦手な人には電卓を用意したり、暗黙のルールが分からない人には、ルールを具体的に説明した紙を見せるなど、周りの環境を整えます。

生活療法

生活療法で代表的なものに「デイケア」があります

デイケアでは、心理教育やコミュニケーションの向上を目的とした、ソーシャルスキルトレーニング(SST)などが行われています。

各地域にある発達障害者支援センターが、自閉症スペクトラム障害者を対象に定期的に開催している、グループワークに参加するのも効果的な治療法です。

薬物療法

発達障害を完全に治療することはできませんが、薬を使うことで、うつ症や引きこもりなど、精神的な二次障害を軽減することができます。

ADHD患者には、「ストラテラ(アトモキセチン)」「コンサータ(メチルフェニデート)」といった薬が処方されます。

まとめ

ここでは、「大人の発達障害」について紹介しました。

大人の発達障害は、まだ専門の医療環境が整ってはいませんが、治療方法やカウンセリングは増えてきています。

「自立して生活したい」「仕事をがんばりたい」という場合は、障害者就業・生活支援センターを活用する、「良好な人間関係を築きたい」という場合はソーシャルスキルトレーニング(SST)を受けるなど、目的に合わせた治療を行いましょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

【あわせて読んで欲しい記事】
コミュ障を改善する27のテクニック
コミュ障を克服!今日からできる9つの行動

  • NHKに出演!金井式あがり症教材

この記事が役に立ったらブックマークお願いします!

お役立ち情報をお届けします!

関連記事

カテゴリー

人気の記事

新着の記事